忍者ブログ
Home > 建設・建築・土木・設備・管理 > モリボー (シリーズNo.1579)

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

モリボー (シリーズNo.1579)

「熱海の建物は地元の業者が守る」
地元愛に溢れる建造物の総合改修工事会社


森 有光 社長

「熱海」が観光地として活気を取り戻しつつある。宿泊客数は2011年から右肩上がりに伸び続け、15年には300万人台までに回復、その後も順調に賑わい続けている。その復活の立役者は様々な業種のチーム熱海体制で臨んだ50代前後の経営者達だった。
 建物の総合改修工事業者としてその一角を担ったのが、1970年2月㈱森塗装店として設立、85年12月現社名に変更した株式会社モリボーの2代目経営者で、現在54歳の森有光社長だ。
 地元熱海で先代社長の働く姿を見て育ち、自宅通学のため大学在学中も夕方には家業を手伝い、後を継ぐ意志を固めた。卒業後は神奈川県の建設会社で経験を積んだ後同社に入社。2012年に社長に就任した。
 戸建て住宅の防水・塗装・外壁改修工事から、リゾートマンション等の大規模修繕工事までを手掛ける同社は、「建物の寿命を延ばし、大切な財産をお守りします」をモットーに、地域密着の姿勢で丁寧な仕事を心掛け、日々各種技術の向上を求めて精進している。


 だが、近年では地元の大規模リゾートマンション等の改修工事で、資本金や売り上げ規模の制限が掛かり、入札にも参加できない事例が増えていることに、森社長は心を痛めている。
「地形が複雑で高低差が激しく、道の入り組んだ熱海での工事には、足場仮設など地元業者ならではの長年培ったノウハウが必要です。スムーズに工事を進め、満足のいく仕上がりを期待する意味でも、地元業者にチャンスを与えては如何でしょう。最強チームを結成して必ずや期待に応えます」
 と、森社長が語るように、同社敷地と目と鼻の先にある「紅葉ガ丘ガーデンハイツ大規模修繕工事」「マンハイム熱海大規模修繕工事」では、地の利を生かして同社が元請け受注するという事例も出始めている。
 平安初期創建の來宮神社本殿の塗装を手掛ける光栄に浴すなど地元に深く根付く同社は一方で、長年の顧客のJR東日本関連施設の改修工事では東京・横浜方面にも進出。その深い信頼関係は、長持ちする施工を真剣に追及する同社の責任施工体制に支えられている。

「熱海の海に抱かれて仕事を
しよう」。女性技術者求む

 自ら一級建築施工管理技士の資格を有し、一昨年から日本塗装工業会静岡県支部長も務め、技術委員会メンバーの協力を得て静岡県支部内でも技術研究発表会を開催するなど、技術の伝承に取り組む森社長は、社員にも各種資格の取得や技能を競う大会への挑戦を奨励、積極的に応援している。
「更なる社業の充実と業界発展のためにも、今後は女性技術者の採用と育成を積極的に進めていきたい。社内体制と施設を整備し、『熱海』で働きたい女性技術者の参加を歓迎します」
 と、森社長は呼び掛ける。
 四季を通じて花火大会が開催され、特に冬の花火は美しいという「熱海」。住むだけでも価値がある。 

【会社データ】
本社=静岡県熱海市紅葉ガ丘町9ー25
☎=0557ー81ー3986
設立=1970年2月1日
資本金=3000万円
社員数=33名
事業内容=防水・塗装・建築・屋根・板金・とび・土工・左官・内装工事業等
http://www.moribo.com

拍手[0回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2018年10月07日号 [雑誌]

2018年10月07日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R