忍者ブログ
Home > 食品・健康食品 > 金吾堂製菓(シリーズNo.1419)

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

金吾堂製菓(シリーズNo.1419)

創業67年。老舗米菓メーカーの新たな挑戦!


碓田 剛士 社長

 東京都中野区の株式会社金吾堂製菓は、1950年の創業。同社の代表商品「厚焼」は、その発売以降、米の風味や食感を改良し続け40年以上のロングセラーとなった。さらに同社は、全ての商品で国産米を100㌫使用するほか水・醤油等の原材料にもこだわり、煎餅一筋に歩んできた。


「祖父や父が堅持した『まじめに、おいしいもの作り』の理念を受け継ぐとともに、常に新たな事にも挑戦する会社でありたいですね」 
 と語る碓田剛士社長は昨年11月、3代目代表に就任。
 近年同社は、洋酒にも合う「オリーブオイル仕立ての塩せんべい」やノンフライかつソフト食感の「ほろほろ焼」の発売など、独自の製法でより一層親しまれる「金吾堂」へと進化を図る。
「社員一人ひとりが高い目標を持つ『活気があり、夢がある会社』を目指して『面白いもの』を提供します」 と碓田社長は語る。 

【会社データ】
本社=東京都中野区弥生町4―14―4
☎=03―3381―7911
資本金=3000万円
創業=1950年8月
事業内容=米菓製造・販売
http://kingodo.co.jp

拍手[0回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年10月08日号 [雑誌]

2017年10月8日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R