忍者ブログ
Home > サービス・アパレル・小売 > 味ん味ん(シリーズNo.1549)

logo

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

味ん味ん(シリーズNo.1549)

A4・A5ランクの和牛カルビが安い!
地域で圧倒的人気を誇る七輪炭火焼肉店


三上 賀通 社長

 相模原市を中心に、神奈川県内と多摩地区で20店舗を展開する七輪炭火焼肉「味ん味ん」。A4・A5ランクの和牛カルビをはじめ、厳選した食材をリーズナブルな価格で提供する焼肉店として地元の人々から圧倒的な人気を誇る。
「誰でも気軽に、お腹いっぱい美味しいお肉を召し上がって頂くために〝安さ〟を追求しています。冷麺など、サイドメニューも含めて味には自信があります」
 と話すのは、同店を運営する株式会社味ん味ん三上賀通社長。高校生の頃から将来の経営者を志し、会社勤めや運送業から転業した実家の焼肉店を手伝った後、1994年に同社の第1号店として開店したのが田名店(相模原市)である。
 その当時を、「お金も計画性も全く無かった」と振り返る三上社長。周囲からは「儲からないだろう」と心配する声も上がったが、大盛の肉を安く食べられる焼肉店として工務店や工場が多い土地柄とマッチし、好調なスタートを切った。


 そして、「味ん味ん」の人気を決定づけたのが2号店として開店した宮下店(相模原市)。オープン直後から口コミで着実にファンを増やし、およそ半年後には連日行列が途絶えないほど爆発的な繁盛店となった。
「薄利多売であっても、月に1回来るお客様に2回来て頂ければ儲かると確信していました。決して都会とは言えない場所に行列ができる光景を見た時は嬉しかったですね」(三上社長)
 以降、着々と周辺地域に出店を重ね、不動の焼肉店ブランドとして親しまれている「味ん味ん」。清潔感溢れる店内で飛び交う従業員の元気な声とスピーディーな接客も実に気持ち良い。
「接客で大切なのは、お客様を待たせないこと。特にドリンクは注文から3分以内に提供するように徹底させています」(三上社長)

働きやすい職場と好待遇
4・9新店舗もオープン

 大人一人当たりの平均単価が約3000円という安さを実現し、三上社長も「周囲に代わる店はない」と自負する同社は従業員に対する待遇も厚い。年齢に関わらず初任給は27万円。完全週休2日制と退職金制度も備えるほか、「仕事を知り尽くしたアルバイトが入社すれば即戦力になる」と話す三上社長は、アルバイトを経て入社する社員には30万円を贈呈しているという。
 また、業務効率と従業員たちの働き易さを考え、20~25テーブルという最適な広さにこだわる同社の店舗づくり。株式上場も視界に入れている三上社長は今後、マネージャーや店長・副店長クラスを軸に人材の育成にも力を入れていく方針だ。
「頭が良いだけではなく、積極的なムードメーカーでなければ仲間に指示を出して店を回すことはできません。店長や副店長となる人材が増えれば新店舗を作ることができます」(三上社長)
 4月9日には、21店舗目の八王子大塚店がオープンする「味ん味ん」。その味は、新たな地でも多くのファンを魅了するに違いない。

【会社データ】
本社=神奈川県厚木市関口159―1
☎=046―280―6715設立=1995年7月
資本金=3000万円
社員数=100名(パート・アルバイト600名)
売上高=41億円
事業内容=焼肉店経営
http://www.y-minmin.com

拍手[2回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2018年12月02日号 [雑誌]

2018年12月02日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R