忍者ブログ
Home > 建設・建築・土木・設備・管理 > トキワ工業(シリーズNo.1235)

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

トキワ工業(シリーズNo.1235)

壁紙ひとつで劇的に室内空間を変える!
高品質とデザイン力が魅力の壁紙メーカー


平井 新吾社長

 壁紙メーカーの老舗として業界でトップクラスの存在感を誇るのが、トキワ工業株式会社だ。住宅や商業施設向けの「PINEBULL」(パインブル)や、厚みがあり傷つきにくい「マッスルウォール」といった製品を多岐にわたり展開している。


 1932年に自転車のサドルメーカーとして創業した同社はその後、パイン紙の製造を開始し建材分野に進出した。そこで培った製版と型押しの技術を応用し、壁紙製造に着手。そして塩化ビニル壁紙の専業メーカーとして現在に至る。
 同社製品は帝国ホテル大阪やデザイナーズホテル、大手商業施設から一般住宅まで幅広く使用されており、1982年にはロサンゼルスにも出店。ティファニー本店の店舗の壁紙も手掛けたという。品質、デザイン力の高さは折り紙付きだ。
 また、各種フィルムに塗材コート等の二次加工を施すフィルムコート事業も順調で、大手企業からの引き合いも多い。「『大きい会社よりも良い会社』であることを目標としています」平井新吾社長は話す。

心地よい暮らしを求めて
壁紙が主役の空間づくり

 大手住宅メーカーにOEM製品を提供する他に、自社オリジナル製品の開発にも積極的な同社。いま力を入れているのが「トキワデジウォール」だ。専用に開発したメディア(壁紙)に、大型インクジェットプリンターでフルカラー出力を行うことで鮮やかな発色のデジタル壁紙を実現した。
 有名アニメとライセンス契約を結んだり、人気アーティストの植田志保氏などとコラボレーションしたデザインや写真から選べるイージーオーダーと、自分で撮った写真やオリジナルのデザインから作れるオーダーメイド、2種類の方法で世界にひとつだけの壁紙ができる。表面にコート処理が施されており耐久性が強く長持ち。あらゆる施設で使われ空間に彩りを添える。
「天井や壁に実際に絵を描いたように見えるため、まさにアートをそのまま再現できます。建材ではなく、個人の趣味を満足させる嗜好品として今後拡張させていきたい」(平井社長)
 さらに今年1月から発売の「PETATTO」(ペタット)は、壁紙に貼ったり剥がしたりが簡単にできる粘着クロス。同社が開発したペットフィルムにインクジェットプリントもでき、どんなデザインでも製作可能だ。気軽に部屋や店舗の雰囲気を変えられる。
 空間づくりの主役を壁紙にすることは快適な暮らしへの第一歩なのかもしれない。興味のある方は同社HPへアクセスしてみてはいかがだろうか。 

【会社データ】
本社=大阪市住之江区南港東3―4―70
☎=06―6613―1701
資本金=9962万円

従業員数=120名
事業内容=ビニル壁紙製造、フィルム加工
http://www.tokiwa.net

拍手[0回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年10月29日号 [雑誌]

2017年10月29日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R