忍者ブログ
Home > 商社・販売・物流・アウトソーシング > ブルシー(シリーズNo.1275)

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

ブルシー(シリーズNo.1275)

モノづくりの品質で結ぶ日中の架け橋
チャレンジを続ける雑貨・ペット商材専門商社


沈 海涛 社長

 価価格は安いが品質は不安――。そんな「メード・イン・チャイナ」に対するネガティブなイメージを覆し、確かなモノづくりで取引先や消費者の信頼を集めている会社がある。4月16日で設立15周年を迎えた株式会社ブルシーだ。
「当社は品質が〝命。お客様に納得して頂けるモノづくりと誠心誠意のサービスを提供し、心からの感謝の声を数多く頂いています」


 と話す沈海涛社長は、元国家主席の江沢民氏を輩出した上海交通大学を卒業後、上海で港湾関連の会社に就職。順風満帆にエリートコースを歩み始めた矢先、1995年に一念発起して日本の地を踏んだ。
「中国で働いていた頃は20年、30年先の自分の姿が見えてしまいました。自分自身を『何も出来ない初心者』だと納得し、チャレンジすることの面白さを追い求めて日本に来ました」(沈社長)
 日本語学校に通いながらアルバイトに励み、やがて洋食器の商社に勤務することになった沈社長。そこでも新しいチャレンジを模索する中で出会ったのが、ペット用の服飾製品。2001年にペットアパレルの専門商社として同社を設立し、組合やメーカーに一件一件電話をかける地道な営業活動からスタートした。
「〝0からの出発でしたが、常に目標を立ててチャレンジし、クリアすることに大きな達成感を味わいました。今でもビジネスを楽しんでいますよ」(沈社長)
 その後、ペットを家族同様に寵愛する消費者が急増したことで同社の商品も順調に販売実績を伸ばし、現在はバッグや玩具などペット雑貨全般を展開。そこで培った商品開発のノウハウを生かし、人が使うカジュアルバッグや男性用インナー、さらには香り商品まで製品群を拡大してきた。
 また、商社でありながら生産拠点を中国に構え、自社製品だけでなくOEMやODMのニーズにも応えている同社。現地に子会社3社を創設し、㈱ブルーライズでは第三者検品業務を行っている。「貿易」「生産」「検品」の一貫体制が品質の安定と、他社との明確な差別化に繋がっているのだ。
「品質と〝おしゃれを追求し、デザイン力と提案力をさらに磨いていきます。中国国内でもペットに服を着せる趣向が高まっており、現地での販売事業にもチャレンジします」(沈社長)

日本のモノづくりを中国へ
品質管理のプロ人材求む!

 言葉もわからない異国に降り立って21年――。既に、沈社長は中国での生活とほぼ同じ年月を日本で過ごしている。まさに日本と中国の架け橋といえる自身の夢は、世界に冠たる「メード・イン・ジャパン」の品質管理を導入した自社経営の工場を中国に創設することだ。
「より良い商品を作るためにも、自分たちの手で日本と同じ品質・生産管理を実践することが重要。そのためにも、まずは日本のハイレベルな品質管理を熟知する人材を採用し、現地工場を指導して頂きたいですね」
 と、沈社長は品質管理のプロといえる新たな人材の加入を熱望している。

【会社データ】
本社=東京都目黒区上目黒1―3―7 VORT代官山2F
☎=03―5773―6698
設立=2001年4月
従業員数=26名
売上高=21億5000万円
事業内容=服飾・生活雑貨、ペット用品専門商社
http://www.burushi.co.jp

拍手[0回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年11月19日号 [雑誌]

2017年11月26日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R