忍者ブログ
Home > 不動産・住宅・リフォーム > ㈱東警(シリーズNo.997)

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

㈱東警(シリーズNo.997)

毅然とした姿と確かな存在感で犯罪を抑止
規律と教育で〝エラーをしない〟警備会社
織田 正實 社長
 地域の治安と安心・安全な暮らしを守る警備員。凶悪化する犯罪に毅然とした態度で立ち向かい、警備本来の意義である「犯罪の抑止」に貢献しているのが株式会社東警だ。 
「お客様が〝任せられる〟会社であり続けるためには、〝任せられる〟隊員を送り出すことが重要です。隊員には、常に『ファインプレーはいらない。エラーをするな』と、確実な仕事を徹底するように話しています」
 と話す織田正實社長は、兄が経営する警備保障会社から独立し、2005年に同社を設立。今月23日から設立10年目に突入した。
 同社は、いわゆる「青パト」によるパトロール業務や大型アミューズメント施設など、施設警備を中心に多彩な実績を蓄積。昨年は、ATM店舗の警備業務で半年間に10件以上の「振り込め詐欺」を抑止した。
 真面目で質の高い警備業務が「東警の警備員は違う」というクライアントからの絶対的な支持を集め、他の警備会社で対応できない案件を依頼されることも多い同社。信頼の源には、規律を重視した教育がある。
 法定教育に加え、「気をつけ」の姿勢や敬礼といった基本動作から護身術まで、心身を基礎から鍛える独自の教育研修を実践。制服の着方も細部にまでこだわり、ベルトのバックルは必ず2つ目の穴に通すことを徹底し、靴下の色は黒、名札の位置やワイシャツの袖の長さなどを厳しくチェックしている。言葉遣いにおいても「すいません」は禁句だ。
「ルーズな服装や姿勢には必ず隙が生まれ、人間の弱さがミスに繋がります。制服姿が様になっていれば本人の意識も変わり、どんな状況でも毅然とした態度で対処することができます」
 と、その狙いを話す織田社長。約70名の隊員に対し、「皆、真面目によくやってくれている」と目を細める。

中間報告の習慣化
プロ意識を向上

 鉄道のグリーン車にも警乗し、女性アテンダントの護衛も行う同社。遅刻や欠勤が許されない同業務の開始を契機に、どの現場でも、自宅を出発する時と最寄り駅に到着した時に必ず本社に電話を入れる、中間報告を習慣化している。
「遅刻を防止するだけでなく、『今から仕事をする』という隊員の意識とテンションを高める効果もあります。チームで行動する時も代表者だけでなく、必ず一人ひとりから連絡するように訓練しています」(織田社長)
 また、暴飲暴食を避けた規則正しい生活と健康管理の徹底は、隊員たちのプロ意識の向上に繋がっている。
 東京オリンピックに向け、人材不足が懸念されている警備業界。同社は、新たな隊員の採用にも注力し、今日もまた私たちに平穏な暮らしを届けてくれる。
「当たり前の事を当たり前に出来ることを評価します。仕事に対する責任感・使命感を持ち、『まずは何でもやってみる』という気構えがある方に来て頂きたいですね」(織田社長)(谷)

【会社データ】
本社=東京都目黒区下目黒2―2―13
℡=03―5496―1091
設立=2005年5月
資本金=1000万円
従業員数=70名
事業内容=警備業
http://www.tohkei.co.jp

拍手[3回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年11月19日号 [雑誌]

2017年11月26日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R