忍者ブログ
Home > 不動産・住宅・リフォーム > リッチロード(シリーズNo.1146)

会社の流儀BLOG

毎日新聞出版『サンデー毎日』で連載中の「会社の流儀」がWeb版で登場。中堅・中小企業の隠れた素顔や取り組みを紹介します。

リッチロード(シリーズNo.1146)

どこまでも正直な不動産投資専門会社
創業15周年を経て新たなるステージへ

徳田 里枝 社長

「投資用不動産のインターネット販売を志して2000年2月に創業。今年で15周年を迎えられ、今年1月には新宿住友ビル40Fに本社移転を果たすことが出来ました。これもひとえに、辛抱強く私達を励まし続けて下さった、オーナー様やお客様のお蔭だと深く感謝しています」

 と、感慨を話すのは「どこまでも正直な不動産投資専門会社」として、1都3県の一棟アパート・マンションを中心に、売買仲介・賃貸管理・建物管理を手掛ける株式会社リッチロード徳田里枝社長だ。
 1956年東京生まれの徳田社長は、大病を患って生還した40歳の時、「仕事で自分の人生に足跡を残したい」と一念発起、投資用不動産の電話営業の世界に飛び込む。20代の男性社員に混じって仕事に打ち込む内、入社6カ月でトップセールスを記録。以後、女性ならではの丁寧な営業で好成績を続ける中、「2000万円の新築マンションの粗利が500万円」という仕組みに疑問を抱くようになる。そして00年2月、「リピートの効く仲介物件を、インターネットを介し、営業マン無しで販売したい」との思いの下、周囲の反対を押し切って設立したのが同社だ。
「当時、インターネットによる不動産販売は例がなく、当初は苦労しましたが、情報開示をポリシーに写真やコメントを充実させ、物件から周辺の情報まで、プラス面もマイナス面も正直に紹介する姿勢を貫くことで、徐々に信頼を獲得し、ファンを増やしてきました」
 と、徳田社長が話すように、現在同社のWeb会員は7500名を超える。無料の会員登録で、非公開物件情報が見られるほか、最新の情報を随時メールマガジンで受け取れる仕組みだ。
 また、同社を通じて物件を取得したオーナーは、同社自らが行う賃貸管理・建物管理・入居者管理(募集含む)・24時間緊急サービスなど、手厚いアフターサービスが受けられる。リピーターは約7割に上り、現在の管理戸数2154戸に対して95・5%(5/1現在)の高い入居率を誇る。

7・11「第100回記念・アットホームセミナー」開催

 また同社では、顧客サービスのため定期的に「アットホームセミナー」を開催。7月11日には、第100回を記念して、経済ジャーナリスト・伊藤洋一氏を招いて特別講演が行われる。
「不動産業はサービス業」との信念の下、5年前から提供するサービスの標準化に取り組んでいる同社は、中古物件を購入してリノベーションを施し、高付加価値化して販売するリフォーム事業を新たに手掛ける他、このほど第二種金融商品取引業の認可も取得。信託受益権販売事業も開始する。
「オーナー・入居者・当社のWin×3の関係を続け、100年続く会社になることが目下の目標です」
 と語る徳田社長。その視界は良好だ。

【会社データ】
本社=東京都新宿区西新宿2―6―1 新宿住友ビル
☎=03―6161―1555
設立=2000年2月4日
資本金=1000万円
社員数=55名
事業内容=投資用不動産の売買・仲介・賃貸管理等
http://www.richroad.co.jp

拍手[0回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード

『サンデー毎日』最新号絶賛発売中!

サンデー毎日 2017年10月1日号 [雑誌]

2017年10月1日号

新着記事

「スマホで見る」会社の流儀も配信中!

運営会社

株式会社エスコミュニケーション
編集タイアップ企画のパイオニアとして、頑張る日本の中小企業を応援しています。マスメディアでは報道されない各社の素顔と魅力をお届けします。
《掲載をご希望の場合はこちらまで》
s-comm@s-comm.co.jp

P R